So-net無料ブログ作成
検索選択
New-Title-09hn.jpg

■写真って面白い!! [いろいろ]

にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真へにほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へにほんブログ村 ファッションブログ セクシー系へ

こんばんわ

早いもので、このブログも始めてから半年が経ちました。8月の頭には、数日間ですが記事ランキング1位、カテゴリランキング1位をいただくこともできました。これも見に来て、応援していただいける皆様のおかげです。ありがとうございます。v(=∩_∩=)

no1again.jpg

さて、ドールのポートレイトを紹介するのがこのブログですが、写真はもちろんデジカメで撮っています。
撮るからにはきれいな写真を撮りたいですよね。

私は写真のプロではありません、アマチュアの域にも達していないと思っています。
初期のころは普通のコンパクトデジカメ(FujifilmのFinepix)を使っていました。画素も少なく、最大解像度で映してもたしか1600x1000ぐらい?だったとい思います。

少しして、もうちょっといいデジカメがほしいな、と考えて、1眼レフに手を出しました。いいものは数十万しますが、初めてなのでエントリークラスのNikon D40というものを選びました。4~5万ぐらいだったと思います。

images.jpg

↑現在使用しているデジタル1眼レフ(Nikon D40)

いいデジカメで、しかも1眼レフ! これできれいな写真が撮れるぞキャホ~イ と喜び勇んでこのD40を投入しましたが、撮影してみてびっくり。全然うまく写せません。下手するとボケボケになる始末でした。こんなはずでは・・・

DSC_5550.JPG

↑ボケボケ・・・ (´・ω・`)ショボーン

コンパクトデジカメがいかに洗練されていて、一般の人にも写真が写せるように開発・調整されたものであるということを、改めて思い知らされた瞬間でした。

何も知らなかったし、実際に知識のなさのせいで写真がうまくとれなかったので、ちょうど本屋で見かけたD40のムックを一冊買ってきて読みました。

絞り、フォーカス、被写界深度、シャッタースピード、露光、環境光、ISO感度・・・

知らない言葉ばかりでしたが、カメラの奥の深さは十分伝わってきました。

一歩進めたような気になりましたが、それでもまだ納得のいく写真は取れませんでした。

いいカメラを手に入れて、カメラの知識を仕入れたらいい写真が撮れるか?

・・・というと残念ながらそうではありません。

いい被写体に恵まれて、いい撮り方をして初めていい写真が出来上がります

被写体は自分なので、努力でいくらでも洗練させることができますが、いい撮り方の方はさっぱり分かりません。・・・そこからが試行錯誤の繰り返しでした。

今回は、わたしが試行錯誤するうえで大変お世話になったページがありますので紹介したいと思います。

涼一のセクシー写真館

           

涼一のセクシー写真館(女装編)

お気に入りに入れておくべき、洗練されたブログのひとつです。

img_228757_9717915_1.jpg

↑涼一さんの写真は見ていただければわかりますが、非常に透明感があって、きれいです。
 うまい表現が見つからないのでもう一度書きます。きれいですw

img_228757_10374326_1.jpg 

↑被写体の女性たちも魅力的な方たちばかりで、独自のワールドを構築されています。

img_228757_9717915_0.jpg

↑写真はセクシーです。エロではありません。

セクシーな女性を演出するのは私の目標でもありますので、涼一さんの写真は見て満足するだけではなく、わたしにとって非常にいい先生でもあります。

存在していないペルソナ(女性)を、ブログの中でだけ実在させる。
・・・イマジナリーなドールを創り出してあたかも居るかのように表現するのが私のブログです。

涼一さんのブログは、存在している女性の、普段見られないペルソナ(一面)を、美しい写真として表現しています。わたしが惹かれた理由もその辺りにあるのかもしれません。

リアルなドールが見られますのでぜひ見に行ってみてください。

ちなみに女性がモデルの本家(こちら)だけでなく、最近は女装さんを被写体にした別館も立ち上げられています。セルフポートレイトとは一味違った女装さんの写真が楽しめますよ。

写真のワンポイント講座の記事も書かれていて、とても参考になると思います。


・・・さて、余った欄外はいつものようにハンパ画像を張っておきます。
涼一さんの紹介の後に持ってこれるような写真は正直ないのですが、まあ、アマチュア以下ってことでご容赦を・・・w

DSC_1430.JPG

↑ローゼンメイデン水銀燈・・・の「衣装」

あ、そうそう・・・・

カメラに対して真横方向を向いて立って、近い側のつま先をカメラに向けて、後ろの足を45度でやや引き気味に立つ。身体も45度にすると自然と姿勢が良くなるので、気持ちお尻を突き出して腰と腹を引っこめる。両肩を後ろに引くと肩幅が小さくなって胸が突き出されます。そして手前の肩をやや下げてカメラに向けると女性らしいラインが作られます。
この状態でカメラを腰~胸ぐらいの高さにして、やや上目づかいに撮影すると足が長く見えるように撮影できます。
逆に上方からアップでバストアップを撮ると、顎が細く見えます。

よかったら試してみてください。

これはほんの一例ですが、カメラを向ける角度、モデルの立ち方一つで全然違った写真が写せます。
ときどき紹介しているお引っ越し画像や古い写真の中には、これら試行錯誤の過程の色々なものが混じっています。

わたしのほうの写真はまだまだ洗練されていませんが、「あ、あいつ失敗してやんのw」 「こうしたかったのかな?」 なんて、そういう視点でも楽しんでいただけたらと思います。

それでは。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

涼一

ご紹介頂きまして、ありがとうございました。
大変恐縮しきりです。

りしあんさんの独自の世界観も面白いですね。

唯一無二のブログだと思っていますので、
今後も期待しております。

ありがとうございました。
by 涼一 (2011-08-26 06:49) 

りしあん

>涼一さん
こちらこそありがとうございます。

趣味趣向むき出しで、マイナー街道を突っ走ってます(^^;)が、よろしければまた遊びに来てください^^

by りしあん (2011-08-27 10:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。